緑ある住環境を考えるブルーミングスケープ

BLOG

観葉植物を日々の生活に取り入れより幸せに。

世界一、貧しい大統領と言われているムヒカ元大統領のインタビュー

Mr.サンデーで取り上げられていた世界一、貧しい大統領と言われているムヒカ元大統領のインタビューが下の動画( YouTubeからのリンクになります。)なのですが、

その中で、下記のようなことをおっしゃっています(一部省略しております)。

動画を見ながら、文章におこしてみたのが、下記の文章になります。(その他にもたくさんの素敵なことを言われていますので、動画で是非、見られてみてくださいね。)


日本人は魂を失った。 今の日本人は賛成じゃないかもしれないけどね。 産業社会に振り回されていると思うよ。 すごい進歩を遂げた国だとは思う。

だけど本当に日本人が幸せなのかは疑問なんだ。 西洋の悪いところをマネして、 日本の性質を忘れてしまったんだと思う。 日本の文化の根源をね。 幸せとは物を買うことと勘違いしているからだよ。 幸せは、人間のように命あるものからしかもらえないんだ。

物は幸せにしてくれない。 幸せにしてくれるのは生き物なんだ。 私はシンプルなんだよ。 無駄遣いしたりいろんな物を買い込むのは好きじゃないんだ。

その方が時間が残ると思うから。 もっと自由だからだよ。 なぜ自由か・・・? あまり消費しないことで、大量に購入した物の支払いに追われ、必死に仕事をする必要がないからさ。

根本的な問題は、君が何かを買うとき、お金で買っているわけではないということさ。 そのお金を得るために使った「時間」で買っているんだよ。 請求書やクレジットカードローンなどを支払うために働く必要があるのなら、それは自由ではないんだ。 ・ ・ ・(一部省略)


でも自分の考え方を変えることはできるんだよ。 世の中に惑わされずに自分をコントロールすることはできる。 わかってくれるかな? 君のように若い人は、 恋するための時間が必要なんだ。

子どもができたら、子どもと過ごす時間が必要だし、友達がいたら友達と過ごす時間が必要なんだ。 働いて 働いて 働いて、 職場との往復を続けていたら、いつの間にか老人になって、唯一できたことは請求書を払うこと。

若さを奪われてはいけないよ。ちょっとずつ使いなさい。

そう、まるで素晴らしものを味わうかのように・・・。 生きることにまっしぐらに。 ・ ・(一部省略) ・


ということを言われていまして、幸せは、人間のように命あるものからしかもらえないんだ。物は幸せにしてくれない。幸せにしてくれるのは生き物なんだ。 ということが耳に残っていましたので、動画がないかを探しておりましたが、動画が、YouTubeで発見できましたので、このブログで、ご紹介することができました。感謝! 私の経験では、物は、買っても、買ったばかりのころは幸せと感じることはあっても、長続きはしないように感じております。

幸せってなんだろう?と考えた時に、ムヒカ元大統領がおっしゃっている「生き物から幸せがいただける。」ということなのかということは、 うっすらは感じていましたが、はっきりと考えたことがなかったですが、なるほどと感じます。(もちろん幸せを感じ取れる心を持つのも幸せであるんですが。)

家族や友人、これから出会ったり、以前、出会ったことがある人、ペットなどの生き物、それ以外に、観葉植物、草花なども生き物、命あるもので、幸せを運んでくれるものなんですね!

中国で3000年以上の歴史を持つ風水では、生きている観葉植物は、気を発していて、観葉植物は重要なアイテムとされています。 観葉植物を飾ったり、育てたりすることで、幸せを感じたり、そこにいる人やその空間自体にも幸せを与えてくれているのかもしれません。 観葉植物も、生長したり、水を欲しがったり、世話をしたり・・・。 緑を見ているだけで何か心がいやされたり・・・。 緑を触っていると、気持ちが何か楽になったり・・・。 そのような観葉植物とのやりとりにより、枯れそうだった観葉植物、元気になったらうれしくなりますし、幸せを感じ取れる。

観葉植物を生活の中に取り入れ、幸せを感じ、毎日を楽しく過ごしてみませんか?