緑ある住環境を考えるブルーミングスケープ

BLOG

モンステラと風水

モンステラの花言葉は、壮大な計画、嬉しい便り、深い関係

葉っぱに穴があいて特徴的な葉を持つ観葉植物 モンステラです。モンステラの名前の由来は、「怪物、異常」という意味を持つラテン語の「モンストラム」が語源となりモンステラになったと言われています。モンステラの花言葉は、壮大な計画、嬉しい便り、深い関係です。モンステラも育てやすい観葉植物のひとつで、モンステラの葉の模様はアロハシャツのデザインに取り入れられたり、インテリアグッズのデザインになったりと人気があります。

モンステラの葉が、幸福を引き寄せる

モンステラは、湧き出てくる水のように幸福が訪れるとの言い伝えがあるため、モンステラの葉が、幸福を引き寄せるともいわれています。ですので、ハワイ語では、「湧き出る水」という意味あいがあるとされています。 また、アロハシャツやハワイアンキルトなどに葉の模様がデザインされていて、なじみ深い植物なのですが、 ハワイではモンステラは、神聖な植物とされていています。

モンステラと風水

風水的に観葉植物は、生命力の象徴で、陽の気があるとされ、家の中を活気づけてくれるため、基本的には、どんな方位でも観葉植物を飾ることは良いとされています。また、気のバランスをとり、気の流れが良くなるとされているので、観葉植物は、すべての部屋に置くのが良いという風水師の方がいらっしゃるほど風水ではかかせないアイテムが観葉植物です。

モンステラの大きな葉は、風水的に、魔よけ効果があるとされ、人が多く集まるリビングやオフィス内に飾ると良いとされています。リビングに飾ると「家庭運アップ」と言われています。 玄関も「幸運の気」が入る場所とされているため、観葉植物を置くと良いとされていて、半日陰な場所でも大丈夫なモンステラを飾るのも良いです。ただし、冬場の寒さだけ注意してくださいね。

プラスチック鉢植えの状態でそのまま飾るのは、あまり風水的には良くはないとされていますので、できれば自然素材でできた鉢カバーや陶器鉢で飾ると良いとされています。

金運アップということで有名なモンステラを南側に置くと、より金運アップと言われています。

また、小さめな葉は穴があいていなくてハートの形をしていたりします。東や東南の方向に、モンステラを飾ると、恋愛運(良縁運)アップと言われています。お部屋やオフィスなどで飾る際、お部屋の隅は、気がたまり、停滞する場所と言われておりますので、お部屋の隅に観葉植物を飾ると、気の停滞を防ぐことができます。お部屋や玄関、オフィスにモンステラを飾って、落ち着きのある空間にしてみませんか?

南 :金運アップ

東・東南 :恋愛運(良縁運)アップ

リビング :家庭運アップ

モンステラの葉、1枚をインテリアとして

鉢植えのモンステラは、育てていくうちに葉数が多くなったり、繁ってボリュームが出てきたりします。モンステラ自体、葉っぱの形が特徴的なので、よく、花束やアレンジメントなどにも切り花のようにして利用されたりします。モンステラの葉の人工のものを額縁に入れられているインテリア雑貨なども見かけたことがあるかと思いますが、インテリアとしても大変、オシャレなのがモンステラの魅力のひとつです。また、育てやすさも人気の理由のひとつかもしれません。ところで、観葉植物 モンステラの葉を1枚、水を入れたガラス容器に、さしているだけですが、とっても素敵なインテリアになります。

このように観葉植物は、葉の部分を、茎をやや長めにして、カットしガラス容器に入れてみても、とってもおしゃれですよね。

特に、観葉植物のモンステラの葉は、さきほども書いたようによくインテリア雑貨のデザインにも使われるほど、個性的な葉の形をしているので、このように花瓶に、葉を1枚だけ入れておくだけでも絵になるんでしょうね♪

観葉植物のポトスなども、長くなってしまった茎と葉の部分を、同じようにして、花瓶につけておくと、時期などがよければ、カットした茎の根元部分より根が出てきたりもしますよ!

モンステラはこちら!