{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

アンスリウム(アンスリューム)

観葉植物|アンスリウム



ブルーミングスケープ オリジナル

雑誌でご紹介いただきました!

アンスリウム

アンスリウム ホワイト





ホヤ・カーリー





アンスリウムは南米アマゾン原産の常緑多年草で、サトイモ科に属する半着生の性質を持ちます。花は肉穂花序と仏炎包からなりハート型の仏炎包は光沢があり、とても美しいです。

属名Anthuriumはギリシア語のanthos(花)とoura(尾)の2語からなり尾状の肉穂花序に由来しているといわれております。

ハート型の独特な花は、和のも洋にもマッチして、その涼しげで、存在感のある姿は、ギフトに喜ばれる一品です。


風水的には、アンスリウムは、恋愛運によいとされているそうで、西側に飾ると、恋愛運がアップすると言われています。

また、東側に飾りますと、結婚運アップなんだそうですよ!そういった意味でも、ハートの形をしたお花と、葉っぱも実はハートの形をしていますので、この恋愛運や結婚運アップというのも、なんだか納得という感じです。


アンスリウム


アンスリウムと風水





基本的に温室環境下では年中花が咲き続けます。アンスリウムの魅力として咲き始めの輝きもそうですが、咲いてからの花が終わるまでの色が見所、魅力かとおもいます。

品種ごと花の変わり方も魅力のひとつです。

日陰を好み、5~6月は30~50%の遮光下に置き、冬期は明るく暖かい室内で管理します。

ポイ ント―直射日光はさけ、冷暖房風が直接あたらない場所に飾ってください。

理想的には25℃程度が適温であるので20~30℃で管理。

秋以降は用土を乾燥気味にたもてば、10~15℃で冬越しできます。

5~9月は、用土が乾けば毎日でも水やりし、高温乾燥が激しい時は葉水に心がけます。冬期は乾燥気味に保ってください。

施肥は5~9月に暖効性肥料を与え、できれば液肥をこまめに与えます。 ポイント―少量の肥料をこまめに持続させます。












アイコンのご説明

BSコラム

アンスリウムの育て方

アンスリウムの育て方のQ&A

知らないと損する!? 観葉植物が持つ効果&インテリア【ブログ】


7件中 1-7件表示
7件中 1-7件表示