観葉植物 育て方

TOP

サンデリアーナの育て方|観葉植物Dictionary


サンデリアーナの仲間には、開運竹とかミリオンバンブーなどと呼ばれているサンデリアーナ ゴールドの他、いろいろございます。ミリオンバンブーとか開運竹とか萬年竹などと呼ばれたりしておりますが、ドラセナ・サンデリアーナのことをいいます。サンデリアーナにもいくつも種類があります。

開運竹(ミリオンバンブー)

開運竹

基本情報

学名:Dracaena sanderiana

私の難易度?★★★

特徴や育て方など

葉には美しいストライプが入っていて、 色鮮やかなきれいなイエロー・ゴールドのような葉っぱをしています。 できるだけ光線に良く当てたほうが、しまった株が出来ます。半日陰に置いても強い品種です。

開運竹

幹には、竹のような節があり、葉の明るさ、葉の模様、幹の節などいろんな部分を楽しめる観葉植物です。インテリア性にもすぐれており、育てやすいので開店祝い、開業祝い、新築祝いなどのおめでたい時の贈り物としても人気があります。また、縁起が良い観葉植物ですので、贈り物としては最適な観葉植物と言えます。

開運竹

台湾・中国においては神棚の装飾などに使用され、縁起の良いものとされています。昇進、お祝いの贈り物などに古くから使われており、この竹は、開運を意味します。 「竹」は開運を意味し、風水ではお部屋の西北におくと良いとされています。億万長者の竹」「長寿の竹」ともいわれ贈り物や高級な生け花の材料としても使われています。生命力も強く、ご家庭や事務所のインテリアグリーンとして水をあげるだけで簡単に育てることができます。環境によっては成長も早い植物です。室内のやや明るい場所で育ててくださいね。 アート性も高い観葉植物としてお楽しみいただけます。

開運竹

育てやすく縁起が良い観葉植物。贈り物にも人気です。贈った人も頂いた人も良いことが起きると言われている幸福の開運竹。「竹」は開運を意味し、風水ではお部屋の西北におくと良いとされています。

開運竹

「竹」は開運を意味し、風水ではお部屋の西北におくと良いとされています。「億万長者の竹」「長寿の竹」ともいわれ、贈り物や高級な生け花の材料としても使われています。 生命力も強く、ご家庭や事務所のインテリアグリーンとして水をあげるだけで簡単に育てることができます。環境によっては成長も早い植物です。室内のやや明るい場所で育ててくださいね。アート性も高い観葉植物としても楽しめますよ♪


サンデリアーナ グリーンクィーン

サンデリアーナ グリーンクィーン

基本情報

学名:Dracaena sanderiana " Green Queen "

私の難易度?★★★

サンデリアーナ グリーンクィーン

葉肉のやや厚めで美しいグリーン色をしています。とっても心和むグリーン色の葉をしています。


サンデリアーナ ホワイト

サンデリアーナ ホワイト

基本情報

学名:Dracaena sanderiana HORT.SANDER ex M.T.MAST

私の難易度?★★★

サンデリアーナ ホワイトの特徴

葉には美しいホワイトのストライプが入っています。


サンデリアーナ ビクトリー

サンデリアーナ ビクトリー

基本情報

学名:学名:Dracaena sanderiana Victory

私の難易度?★★★

サンデリアーナ ビクトリーの特徴

葉には美しいホワイトのストライプが入っています。サンデリアーナ ホワイトに比べ、ホワイトのストライプの幅が小さく全体的にモスグリ−ン色が多いのが特徴です。


幸福の木の特性や育て方

原産地:カメルーン

科名:リュウゼツラン科

属名:ドラセナ属

育てる環境や水やり

:半日陰でも良い植物

温度:10℃以上の場所が望ましい

:土の表面が乾いてから、たっぷり与えてください。

飾る際の明るさや飾る場所

あまり強い日差しは好まず、耐陰性もありますので、半日陰な場所で育てます。ただし日照不足になると葉色の艶がなくなってきたり、模様が薄くなってきたりしますので、適度に明るさがある場所で育てると良いです。レースのカーテン越しなどの場所が一番良いです。暖かい日などに屋外に出して日光浴をさせると、後日、全体の葉が黄色くなったり、茶色くなったりする場合があります。これは葉が直射日光で焼けて、変色してしまった「葉焼け」の症状になりまして、葉焼けになりますと、葉の色はもとに戻りませんので、注意が必要です。じょじょに明るさに慣らしながら屋外に出すと葉焼けになりにくいですが、春から秋頃の暖かい時期のみになり、寒い冬場は室内の暖かい場所に取り込みます。

暖房やクーラーなどのエアコンの乾燥した風が直接あたるような場所に置いている場合には、エアコンの風が直接当たらないような場所に移動するようにします。

ミリオンバンブーにするには?

サンデリアーナ・ゴールド

作業はとっても簡単。サンデリアーナの葉っぱの部分をむしって茎にするだけ!それだけの作業で、ミリオンバンブーになります。スラッとした雰囲気がとってもおしゃれで、とっても人気ですよね!育てやすく、茎挿し(挿し木)などでも増やせます。最近は、おしゃれな雑貨屋さんなどでもよく見かけるようになりました。インテリアとして楽しみたいですね!

水やりと施肥

春と秋は鉢土が乾いたら、夏は毎日、冬は控えめに水を与えましょう。

グリーンそだち

肥料をあげることで葉の艶がよくなったり葉色が濃くなったり、成長も早くなります。

また、緩効性肥料(グリーンそだちEXなど)は、4月〜10月の間、鉢土の表面に置き肥します。。

肥料分としては、春から秋頃の成長期には、水やり時に2週間に1回程度の割合で、ハイポネックス 観葉植物用などの液体肥料を水やり時の水に混ぜて溶かした溶液を与えます。冬場は、液体肥料は必要ありませんので、再開は春頃の暖かくなった時期から秋頃までになります。

また、緩効性肥料(グリーンそだちEXなど)は、4月〜10月の間、鉢土の表面に置き肥します。

葉水や霧吹きは、病虫害の予防にも!

葉の表や裏側に葉水や霧吹きを定期的にすることにより、ほこりがつきくくくなったりします。また、開運竹(ミリオンバンブー)は、ハダニがつくことがありますが、そういった病虫害の予防にもつながります。

冬場の越冬温度や水やり

熱帯の植物ですので寒さにはやや弱く、やはり室内でも5℃〜10℃位は欲しい植物です。比較的、お手入れが簡単な観葉植物のひとつですが、水のやりすぎによる「根腐れ」で良く枯らしてしまうパターンが多いようです。ドラセナの仲間は、アレカヤシなどに比べ、「水がすごく好き」という感じではないので、冬場などは、春〜夏場に比べますと控えめで大丈夫です。 春〜秋頃までは、鉢土の表面が乾いてから、鉢底から少し水が出てくるくらいまで水やりをしてあげるようにします。また、鉢底から根っこがたくさん出てくるようになったら「植え替え」をしてあげましょう。

植え替え

植え替え時期は、暖かくなった時期です。おおよそ5〜6月頃が適期です。大きくなってきたら、ひとまわり大きめの鉢に植え替えをしてあげてください。鉢底から根が出た時を植え替えの目安とします。プラスチック鉢植えやポット苗の場合には、プラスチック鉢や苗ポットをはずして、ひとまわり大きめな鉢に植え替えをします。陶器鉢植えの場合は、陶器鉢の形状によって、すっぽりと陶器鉢から根がある土の部分が抜ける場合もありますが、陶器鉢の上部が内側に入っていて陶器鉢上部部分が少し狭くなっている場合には、簡単に陶器鉢から根がある土の部分をはずすことが難かしいので、その場合には、陶器鉢を気をつけながら割って、根がある土の部分と陶器鉢を分けます。その後、ひとまわり大きめな鉢に植え替えを行うようにします。

「植え替え方法」 → こちら

開運竹の葉のカット位置

開運竹の葉は、下の方の葉が新陳代謝で育てているうちに、黄色くなってきます。そのままにしておくと黄色くなった葉は、茶色に変色してきますが、上の写真の位置で、葉色が変色してきた葉はカットしてあげます。随時、カットしてあげることで、綺麗な状態に保つことができます。

また、葉先だけ茶色になってくることもあります。葉先だけの場合は、茶色になった部分を山切りにはさみでカットすることで、美しい状態に保つことができます。

詳しくは、幸福の木や開運竹などドラセナの葉のカット位置について

ふやし方

ふやしたい場合は、「挿し木(茎挿し)」などの方法でふやします。「挿し木(茎挿し)」でも挿し木の可能時期であれば比較的ふやしやすいです。適期は、5月〜7月頃です。例えば、「茎挿し」でカットした切り口部分をコケでまいて、土に埋めるという方法も保湿効果が高まり効果的です。

「挿し木(茎挿し)」 → こちら

切り花のようにして楽しむ

開運竹

1本1本をカットして、花瓶やガラス容器に入れて、切花のように楽しむこともできます。根がついていますので、切り花と違い、長く楽しむことができますし、縁起が良い観葉植物ですし、インテリアとしてもおしゃれです。きちんと固定したい場合には、ガラス容器の中に、カラーサンドを入れたり、 ハイドロボール(レカトン)を入れたり、流木で固定したりもできます。写真は流木で固定をしています。2〜4日に1回程度、水を交換すると良いです。また、ガラス容器の水の底には、イオン交換樹脂肥料を入れておくと水が腐りにくくなります。

カラーサンドの通販はこちら!

ハイドロボール(レカトン)の通販はこちら!

流木(プチ)の通販はこちら!

イオン交換樹脂肥料

幹のところどころが黄色くなっていても・・・

開運竹

上の写真なのですが、幹にところどころ黄色くなっている箇所があったりしますが、元気に生きております。植物体的には問題ないですが黄色くなった部分が進行する場合には注意が必要です。

飾って楽しむ

スラッとした雰囲気と存在感が人気!開運竹とも呼ばれていてを飾って素敵にインテリア♪ お好きなガラス容器や陶器などに入れて、あなただけのオシャレな空間をお楽しみください♪すご〜くオシャレなお店のディスプレィみたい!!! お部屋やオフィスがとってもさわやかなグリーンの空間に大変身!圧倒的な存在感が違います!!贈り物にしても縁起も良く喜ばれる観葉植物です。特に開店祝いや開業祝い、新築祝いなどに人気があります。

開運竹(ミリオンバンブー)と風水

縁起が良い観葉植物ですので、風水にもとっても良い植物になります。

開運竹(ミリオンバンブー)と風水はこちら!

開運竹(ミリオンバンブー)をお祝いに贈る

開運竹

育てやすく縁起が良い観葉植物の開運竹は、開店祝い・開業祝い・新築祝い・結婚祝いなどのお祝いの贈り物として最適です。葉色も明るいので1鉢、飾ると周りの雰囲気もぱっと明るくなります。お祝いの贈り物として多くの人々に愛用されている開運竹(ミリオンバンブー)は、贈った人も頂いた人も良いことが起き、古くから「喜べる竹」「幸運の竹」と呼ばれています。

開運竹(ミリオンバンブー)を贈り物で送る際にはこちらから!


解説

温度・・・越冬するための最低必要な温度

10℃以上の場所を好む=「寒さに弱い植物」であることになります。冬場、注意が必要です!!

5℃〜10℃の場所を好む=「室内であれば、ある程度の場所はOK!?」

0℃以下にならなければ良い=「観葉植物の中でも、寒さに強い植物」の意味でもあります。


難易度・・・★が多いほど、管理が難かしい。

  ★は、5個が最高


光・置き場所・・・飾る場所の参考に

明るい場所を好む植物: 窓際の明るい場所でレースのカーテンごし(直射日光を好みます。)

半日陰でも良い植物: 日中、電灯をつけないでも新聞が読めるくらいの明るさ

日陰でも強い植物: 直射日光は嫌ったりしますが、明るいにこしたことはありません。暗めの場所でもOKです。