緑ある住環境を考えるブルーミングスケープ

観葉植物TOP

コーヒーの木は、風水的に気持ちを落ち着かせる

コーヒーの木の花言葉:一緒に休みましょう

コーヒーの木と風水

コーヒーの木は、8号サイズ(高さ 約1m以上)くらいになりはじめ、株が充実してきますと、7~8月頃に、お花が咲きやすくなります。白いお花が咲いた後に、緑色の実があり、次第に熟してきますと、実が赤くなってきます。 その実を焙煎することでコーヒー豆に変わります。コーヒーの木は、葉先が茶色くなってきますのは特徴的な感じですので、気になるようでしたら、茶色くなった葉先を斜めにカットしていただけましたら幸いです。また、水が好きで、根が鉢の中でたくさん張ってきましたら、5~8月頃に植え替えをしてあげることで、元気になります。

コーヒーの木

コーヒーの木の下の方の葉は下の方を向いていたりするのも特徴のような感じです。下の方にある葉は、次第に黄色くなってきますが、それは自然現象なので、下の方の葉が黄色くなったり茶色くなったら、取り除いてください。

コーヒーの木は、風水的に気持ちを落ち着かせる

コーヒーの木は、葉が下向きであったりすることから、風水的には、「陰の気を発している」とされ、「気持ちを落ち着かせる」効果が高い観葉植物とされていますので、リビングや寝室、オフィスや事務所などに飾ると良いです。

コーヒーの木の花言葉

花言葉は、「一緒に休みましょう」なのですが、「コーヒーでちょとひと息つきましょうか?」的な感じでなるほど~という感じです。

コーヒーの木と風水

「赤い実」のなる観葉植物を飾ると、子宝に恵まれるという風水があります。

コーヒーの木と風水

風水的には、「赤い実」のなる観葉植物を南側の場所に飾りますと、女の子、北・東北に飾りますと、男の子を授かるともいわれていますので、コーヒーの実が赤く熟した時には是非、その場所に飾るのも良いかと思います。

観葉植物は、「邪氣を祓(はら)う」+「生氣を呼ぶ」と言われていて、良い気を発すると言われていますので、インテリアとしてもそうですが、風水的にも観葉植物を飾らない手はないくらいです。是非、コーヒーの木を飾ってみませんか?