観葉植物 育て方

TOP

シルクジャスミンの育て方|観葉植物Dictionary


シルクジャスミン

基本情報

学名:Murraya paniculata 

原産地:インド

科名:ミカン科

属名:ゲッキツ属

花言葉:純真な心

私の難易度?★★★

育てる環境や水やり

:明るい場所を好む植物です。

温度:0℃以下にならなければ良い

:土の表面が乾いてから、たっぷり与えてください。

特徴や育て方など

シルクジャスミン

お部屋やオフィスなどに飾るとおしゃれな雰囲気が楽しめる人気の観葉植物です。葉にシルクのような光沢があり、大型サイズなどは存在感もあります。英名では、Silk jasmine シルクジャスミンと呼ばれております。東南アジア、台湾や中国、沖縄諸島などの熱帯・亜熱帯地域に自生をしています。白い、香りのよい花が咲き、そのあと赤い実がなります。小さい葉っぱが、いっぱいついており、かわいらしい植物です。通常のお茶で有名なジャスミンティーなどで使われるジャスミンとは別の品種になります。

シルクジャスミンの小さな葉

寒さに強いですが、明るく暖かい場所で育てましょう。環境の変化が激しかったりすると、葉っぱが落ちたりしてしまいますが、人気の高い植物です。明るい場所を好む観葉植物ですので、できるだけ明るめなレースのカーテン越しくらいの場所で育てるようにします。

花言葉

「純真な心」

花後の実

シルクジャスミン

花後の実は、赤く熟した後、ミカン科で生食もできますのでジャムなどにして楽しむことができます。

ふやし方

挿し木

ふやしたい場合は、「挿し木(茎挿し)」などの方法でふやします。「挿し木(茎挿し)」でも挿し木の可能時期であれば比較的ふやしやすいです。適期は、5月〜7月頃です。

「挿し木(茎挿し)」 → こちら

種まき

シルクジャスミンのつぼみ

シルクジャスミンは、つぼみ(上のつぼみの写真は、9/10撮影)がなり、白い花が咲いた後に、緑色の実がなり、赤く熟した実から種を採取できます。

1.緑色の実をそのまま株につけた状態にしておくと、赤く熟します。

2.赤く熟した実から種を取り出します。取り出した実を水洗いします。

3.育苗ポットに、市販の「挿し木・種まき用の土」か赤玉土(小粒)やバーミキュライトなどを入れて、土壌自体を水で湿らせます。

4.挿し木用の土などに、指を挿し、種が埋まる程度の穴をあけ、種をまき、土をかぶせます。

5.日陰な場所に種まきをした育苗ポットなどを移動し、土が乾かないように、水やりをします。

6.1〜2ケ月ほどで発芽しますので、葉が2〜3枚程度になるまでは、その状態のまま大きくして、葉が2〜3枚になったら、ひとまわり大き目なポット(鉢)などに植え替えをして育てます。

開花時期は?

シルクジャスミン

花期は、5月〜6月頃です。上の写真は、ブルーミングスケープの温室で、5/15に撮影したお花の写真になります。花は、柑橘系の良い香りがします。花がたくさん開花しますと、お部屋やオフィスがジャスミンのお花の良い香りで包まれます。

シルクジャスミンの壁紙

剪定(せんてい)は?

シルクジャスミンは成長がやや早めな火で、枝が伸びてきたり、高さが出始めた場合は、5〜7月頃に剪定(せんてい)をして、刈り込んでも大丈夫な観葉植物です。

植え替え

2年以上植え替えをしていない場合は、鉢底を見ると根が鉢底から出始めています。そのような場合は、5〜6月頃に一回り大きめな鉢に植え替えをします。できるだけ、現在植えられている鉢をはずして、根をいじらないようにして、ひとまわり大きめな鉢に植え替えをします。もし、根腐れをしている場合は、根が黒くなって腐った状態になっていますので、そのような場合は、根腐れした黒くなった根だけを取り除き、植え替えをするようにします。

「観葉植物の植え替え方法」 → こちら

シルクジャスミンと風水

シルクジャスミンも風水に良い観葉植物で、東南や東、南西の方向に飾ると、恋愛運アップと言われています。飾ると良い場所は、リビングや寝室、玄関などで、玄関の場合は、運気が入ってくる場所ですので、シルクジャスミンに限らず、他の観葉植物でも良いので、是非、飾りたい場所になります。シルクジャスミンの場合も「土」の気がある陶器鉢植えなどがおすすめです。

「シルクジャスミンと風水」 → こちら

大型サイズのシルクジャスミンは、存在感バッチリ!

大型サイズのシルクジャスミンは、リビングルームやオフィスに飾ると、シンボルツリーとして楽しめ、オシャレな雰囲気になります。また、お花が咲く時期は、ジャスミンの柑橘系の香りがただよい、とっても素敵です。赤い実も楽し、純真な心という素敵な花言葉もあるシルクジャスミンを、ご結婚祝いやお祝いの贈り物としても大変、喜ばれている観葉植物になります。

シルクジャスミンの通販はこちら!


解説

温度・・・越冬するための最低必要な温度

10℃以上の場所を好む=「寒さに弱い植物」であることになります。冬場、注意が必要です!!

5℃〜10℃の場所を好む=「室内であれば、ある程度の場所はOK!?」

0℃以下にならなければ良い=「観葉植物の中でも、寒さに強い植物」の意味でもあります。


難易度・・・★が多いほど、管理が難かしい。

  ★は、5個が最高


光・置き場所・・・飾る場所の参考に

明るい場所を好む植物: 窓際の明るい場所でレースのカーテンごし(直射日光を好みます。)

半日陰でも良い植物: 日中、電灯をつけないでも新聞が読めるくらいの明るさ

日陰でも強い植物: 直射日光は嫌ったりしますが、明るいにこしたことはありません。暗めの場所でもOKです。