[記事リスト] [メッセージを投稿] [新着記事一括] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

投稿時間:2020/03/14(Sat) 20:39
投稿者名:ばんざいうさぎ
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re: オキザリス パルマ 孔雀の舞が水を与えると毎度枯れます。

もしかすると他の原因も考えられるかもしれませんが・・・。

パルマは栽培した事ありませんが、他の種類のオキザリスなら過去に何種類かを何年も続けて室内で栽培してました。今回鉢花を置いているのは屋外ですか?室内ですか?

今時期だと屋外なら気温が低いので、購入したものにはまだまだ寒すぎるか水やり頻度(次の水やり迄の日にち)が短すぎて土の中央部分はまだ湿っており水を与えすぎているのではと感じます。もし室内の暖かい場所に置いてあったとしても1週間では早すぎると感じます・・・。
あと、購入してきた鉢花の場合は、急な環境変化に弱いので屋外で冷たい水を与えてしまうと種類によっては急に株が冷えすぎて弱ってしまう事も。どうしても屋外にしか置けない場合はすっかり暖かくなるまでは気温が高めな昼間に、少し温度を緩めておいた水を与えた方が根が傷みません。

オキザリスのどの種類も、完全に土が乾いてしまうのは嫌いますが割と多くの水分は必要としない植物で極端なものだと太い貯水部分を持つ多肉植物に含まれる種類もあるくらいです。なので土の中の水分が結構少なめになってきた頃に与えるくらいで良く、私は気温に左右されやすい日数での水やりはせずに、まず鉢ごと持ち上げて軽く感じてからか葉が少し元気が無く見えたり萎れ気味になるまでは水を与えず(球根植物なら大丈夫です)、冬の暖房が付いた乾燥気味の室内の時でも次の水やりまでは1週間以上(10日すぎる事も)経ってから。
室内での鉢管理はしょっちゅう忘れがちな私にとって多肉植物やゼラニュームの次に、とても性に合っている植物でした。

鑑賞向きのオキザリスのほとんどは球根植物で、種類の中には多肉植物として扱われるものもあります。植物の質が結構瑞々しいので球根や茎葉に水分を多く溜められる性質を持ちます。

植物の多くに言える事ですが、茎葉が柔らかく瑞々しいものは水やり頻度が多すぎてしまうと株への負担が多すぎて途端に枯れます。土の蒸れと言うよりも根腐れなどの様な土の中の通気が関係した不調で、過湿が原因で根が呼吸できなくなり弱る事も多いです。

また球根植物全般に、地上部が育っている時の植え替えは禁忌です。水はけ良い土に変えたからではなく、植え替えたから枯れたのだと思います。球根植物は根が無くなっている休眠期にしか土から動かせません・・・。例外は、鉢を底穴の形状が違うものに替えたい場合くらいで土を乾燥気味にして今までの鉢から土を崩さず根鉢ごとすっぽりと抜き、少しサイズの大きい別の鉢に鉢底石を適宜入れてから中に根鉢を入れ、隙間を新たな土で埋める程度です。

あと、鉢皿をご使用に成っていた場合は、水やり時に鉢皿に水が流れ出るほど与えた後、皿に溜まった水は毎回捨てます。皿に溜まったままだと土に再吸収されてしまって土の過湿に繋がりやすいです。地面などに鉢底皿無しで直接置いている場合は、市販の鉢花に使われている鉢のままだと鉢底穴の形状によっては水の流れ落ちる速度の遅さと底穴から入るはずの新鮮な空気の取り込みが悪く成ってしまいがちなので、鉢を替えるか鉢の底穴部分だけでも少し浮かせてあげるなどの工夫で気を付けてあげて下さい。

市販の鉢物だと生産地がもっと南の方だったり大抵のものは暖房の有る施設内での促成栽培ものなので今年はもう開花終わりも近づいて購入は無理かもしれませんが(球根が休眠する為に地上部が枯れる)来年もまた購入なさるのなら、水やり頻度少なめな別の種類の鉢花の水やりに準じて(例えばゼラニュームなど)与えてみて下さい。オキザリス類は案外水を欲しがらないので本来は手のあまりかからない植物です。

もし屋外に置いているなら、促成栽培物は自分で育てた物よりもかなり早く開花していますので開花している株にはお住いの地域の気温が寒すぎるのが弱る原因になっている可能性があります。温度が低いなら(特に夜間の最低温度)市販の鉢花として買ったオキザリスの場合は屋外に置かず室内に置いて楽しんだ方が良いです。

あと、市販の鉢花の場合は生産者が使っている土は「あえて保水性が良すぎる」のを使っている事もあります・・・。生産者が促成栽培するのに管理が楽だからの様ですが、栽培に慣れていない人には水やりの難しい土だったりも。

屋外で鉢栽培するのなら、この種類は球根の状態でも販売しているので球根を買ってきて(ネット通販でも買えます)自分で管理し易い土に植え付ける方が簡単で、土は別段水はけが良くなくて良いので普通の鉢花培養土(適応植物名が分かればゼラニュームも植えられるブレンドのもの)に深く成らない様に植えておけば問題ないと思います。お住いの地域が分からないのでご自分でオキザリス・パルマの耐えられる最低温度を調べ、日本での(お住いの地域での)本来の開花時期も把握しておくと良いです。

オキザリス(カタバミ)の仲間は世界中に生えているので(帰化する種類も多い)気温が適した温度に達していないと簡単に弱ります。私は屋外に出すのは外に雑草のカタバミが沢山生えてきて花が多く咲いてる頃まで待って出します。そのくらいの気温に成ってからの方が多くの種類は弱りにくくて外の環境にも慣れやすくなります。


以下は関連一覧ツリーです。

このメッセージに返信する場合は下記フォームから投稿して下さい。

おなまえ
Eメール(※メールアドレス不要)
題  名
メッセージ    手動改行 強制改行 図表モード
URL
削除キー (記事削除時に使用。英数字で8文字以内)

以下のフォームから自分の投稿した記事を削除できます
■記事No ■削除キー



- Web Forum -