[リストへもどる]
新着記事(15件)

新着記事15件を表示しました。

投稿時間:2020/02/28(Fri) 11:19
投稿者名:ブルームーン
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re^2: ソルダムの育て方
こんにちは

みなさん色々と教えてくださるのでとても助かっています。
桃の木が傍に植えてありますのでひょっとしたら・・・ですね。
ちょうどホームセンターとかで殺虫剤とか売り出し始めたので調べてみようと思います。
ご丁寧にありがとうございました。


> 途中からすみません。
> 蛆虫のような幼虫がいるのなら、モモノゴマダラノメイガかナシヒメシンクイの被害が考えられますね。
> 幼虫の形態と防除方法は検索してみてください。

投稿時間:2020/02/28(Fri) 11:15
投稿者名:ブルームーン
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re^4: ソルダムの育て方
いろいろとありがとうございます。県別の防除基準などがあるのですね。
知りませんでした。探してみます。

> プラムを栽培している果樹園や趣味で果樹栽培している人のHPを探してご覧になると参考になると思います。
> またどの時期にどんな農薬を使うかを決めた「防除歴」あるいは防除基準」というのが県ごとに作られているので入手すると参考になると思います。

投稿時間:2020/02/27(Thu) 18:45
投稿者名:群馬の山さん
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re^3: ソルダムの育て方
プラムを栽培している果樹園や趣味で果樹栽培している人のHPを探してご覧になると参考になると思います。
またどの時期にどんな農薬を使うかを決めた「防除歴」あるいは防除基準」というのが県ごとに作られているので入手すると参考になると思います。

投稿時間:2020/02/27(Thu) 02:09
投稿者名:ブルームーン
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re^2: ソルダムの育て方
教えて頂きありがとうございます。
なんか聞いたことのある名前ですね。
予防の仕方が足りないのか 薬剤間違えてるかのどちらかですね。
しっかり勉強してみます。
ありがとあございました。


> 途中からすみません。
> 蛆虫のような幼虫がいるのなら、モモノゴマダラノメイガかナシヒメシンクイの被害が考えられますね。
> 幼虫の形態と防除方法は検索してみてください。

投稿時間:2020/02/25(Tue) 11:28
投稿者名:ふら
Eメール(※メールアドレス不要):http://
URL :
タイトル:Re: ソルダムの育て方
途中からすみません。
蛆虫のような幼虫がいるのなら、モモノゴマダラノメイガかナシヒメシンクイの被害が考えられますね。
幼虫の形態と防除方法は検索してみてください。

投稿時間:2020/02/25(Tue) 08:47
投稿者名:ブルームーン
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re^2: ソルダムの育て方
おはようございます。

詳しく教えて頂きありがとうございました。
まったくの素人で的確な作業ができていなかったと痛感いたしました。
家でおいしい果樹を食べるのはそれなりの大変な作業なのですね ニームオイルはは聞いたことがあるのですがお値段が結構するのでちょっと遠慮していました。ニームケーキというのもあるのですね 調べてみたいと思います。

お話を聞いている中で シンクイムシの被害ではなく生理落下ということも大いに考えられました。早め早めに摘果しないといけないのですね
今年も木は元気なので少し剪定と摘果 そして予防と消毒勉強します。

おいしいソルダムが食べられるように頑張ってみます。
詳しく教えて頂きありがとうございました。





ソルダムとは果物のスモモの品種の事ですよね?もし他の植物であれば的外れな回答で申し訳ありませんが、植物名が書かれていないのでスモモのソルダムだと判断して書かせていただきます。
>
> スモモは果樹なので、果樹としての栽培・管理が出来ていないと実が正常に育ちませんが果樹栽培の作業内容を充分ご理解の上、適した時期に正しい手順を踏んだ作業を行っていますか?
>
> 実が付くという事は樹齢的にもう成熟しているものと思います。枝を適度に剪定したり、花が受粉し実が出来てきた時に適正な数の実だけに間引いたり(摘実)は行っていますか?
>
> 果樹は本来の性質を人によって無理に変えられた樹木なので、人による一年間決まった作業が必要な木で、それをきちんと守り適正な部位・量の枝の剪定や花が咲いた後は木の樹齢に見合った数だけ実を残し結構多くの実は小さいうちに摘み取ってしまう必要があります。
>
> 私の親戚の農家の家と、持っていた山に以前それぞれスモモの木がありました。家の傍に植えた果樹の中のスモモの木は毎年きちんと剪定されているので樹齢の割に木は高くなく実も適正な数を残していたので大きい甘い実が成りました。ただ親戚は野菜農家で果樹の消毒までは行わなかったので熟していても気を付けないと熟した実の中に虫の幼虫が居るんで、子供の頃の私たちは木から実をもいで食べる時に時々中に入っている幼虫には気を付けながら食べたものです。
> 質問者様の木の実が落ちる原因は虫が入るから落ちるのではなく、おそらく実が多く付きすぎたままで木自体がこんなに多くは実を大きく出来ないと判断し落としている(生理落果)のではないかと感じますが・・・。摘実せずにいて生理落下させてしまうとほとんど落ちてしまい残らない事もあります。花の受粉後実が膨らみ始めたら適した時期に好さそうな実を残し他は摘みます。果樹の場合、種類や品種・農家の栽培方法によっては実が育っていく段階で摘実を何度か繰り返します。
>
> 親戚が昭和の30年頃に山の土地を手に入れ開墾する時その地に家を建て住み込み、その時スモモの苗木を植えたのだそうです。山の畑に手伝いに行った時、物凄く大きく枝張りが良いひときわ目立った木があり、聞いてみたところそれが今では手入れしていないスモモの木とのこと。植えられたのは家にあるスモモとほぼ同じ頃でどちらも植えて当時30年くらい経ったもの。なのに家のスモモの木の3倍くらいも高さのある木で花が咲けば見事だけど枝の剪定も実の間引きも今はしてないので実が成ってもほとんどが小さいうちに落ちてしまい、もし残った実が大きく成っても家のスモモほど良い実は成らなず野鳥のエサになってると聞きました。
>
> もし果樹としてのスモモの年間管理を充分には覚えておられないのなら書籍を読んで覚えて適切な作業を行ってみて下さい。インターネットでの情報よりも分かり易く剪定の部位の図解なども載っていて、その通り行えば間違いありません。
> 枝の剪定や摘実して数を減らすのはどんな果樹でも大抵行う作業で、これを適切に行えるようになれば残した実は立派に育ってくれるはずです。
>
> 実に着く虫の方はオルトランが効く種類とちゃんと確認したうえで行っているのでしょうか?もし虫の種類が分からないまま使用しているなら虫に効かない事もありますし、その使用量・頻度が多すぎると果樹自体に良くなくて実の方へも影響しますが・・・。
> スモモの木なら、スモモの実に付きやすい虫の(幼虫の)種類を調べ特定し、その種類の虫に効き目がありスモモにも散布できる薬剤を選んで購入し適した時期に適した量をお使いになって下さい。
>
> または、栽培している場所の土に混ぜたり根元周囲にある程度の厚さ敷いておくとほぼ害虫全般に効くニームケーキを害虫が産卵する時期より少し早くに使うのも有効と思います。
> ニームケーキはインドセンダンと言う木から作った資材で農薬ではありませんが、その成分が根から植物全体に行き渡り、害虫が食べて体内に入れば拒食症状に陥らせる事で駆虫出来ます。
> この成分は人など哺乳類には無害で、その木の原産地では民間療法薬や健康茶として日常的に飲まれています。ニームケーキやそれが混ぜられ販売されている土は植物に一度使うと数か月は効果が持続します。
>
> ニームオイルと言うエキスの製品もありますが、原液が少量で高価な商品も多く、使うたびに水で希釈し数日おきに何度も散布するのを長期間続ける必要がある為に樹木に使うにはむきません。
>
>

投稿時間:2020/02/25(Tue) 08:35
投稿者名:ブルームーン
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re^2: ソルダムの育て方
おはようございます

早速のご教授ありがとうございます。
すべての実に虫が入るのはやはり考えられませんよね 実がぽとぽと落ちるので中をわってみたところ蛆虫のようなものが入っていました。十数個わってみたのですが全てはいっていたので私が勘違いしたのだと思います。

何も知らないで植えたものですから勉強不足でした。摘果もしてませんし という摘果するまで実が大きくならなかったということもありますが。それと剪定不足だっただと思います。

素人は沢山なると嬉しいのでつい枝を残しすぎてしまいますね。
もう少し勉強してみます。ふくろみ病の可能性も考えられるので早速薬剤購入したいと思います。

詳しく教えて頂きありがとうございました。
おいしいソルダムが食べられるように頑張ります。


>花は沢山咲きますし実も小指の頭くらいまでにはなるのですが。全ての実の中に虫が入り落ちてしまいます。
>
> 横から失礼致しますが
>
> 害虫が多い場所でも全ての実に虫が入るとはちょっと信じられません、ソルダムは違う品種の花粉が必要なので受精出来なくて落ちてしまうのではないですか、あるいは「ふくろみ病」と云って果実が指の先くらいになった時にピーマンのように空洞になって枯れる病気が出ているのではないですか
>
> 受精できないのならサンタローザなど別の品種を植えるか、枝を接ぎ木してやるとか花の咲いた枝があればビンに挿して木のどこかに縛り付けておくと結実します。「ふくろみ病」なら発芽前に「石灰硫黄合剤」を散布します。

投稿時間:2020/02/24(Mon) 23:00
投稿者名:群馬の山さん
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re: ソルダムの育て方
> 花は沢山咲きますし実も小指の頭くらいまでにはなるのですが。全ての実の中に虫が入り落ちてしまいます。

横から失礼致しますが

害虫が多い場所でも全ての実に虫が入るとはちょっと信じられません、ソルダムは違う品種の花粉が必要なので受精出来なくて落ちてしまうのではないですか、あるいは「ふくろみ病」と云って果実が指の先くらいになった時にピーマンのように空洞になって枯れる病気が出ているのではないですか

受精できないのならサンタローザなど別の品種を植えるか、枝を接ぎ木してやるとか花の咲いた枝があればビンに挿して木のどこかに縛り付けておくと結実します。「ふくろみ病」なら発芽前に「石灰硫黄合剤」を散布します。

投稿時間:2020/02/24(Mon) 15:04
投稿者名:ばんざいうさぎ
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re: ソルダムの育て方
ソルダムとは果物のスモモの品種の事ですよね?もし他の植物であれば的外れな回答で申し訳ありませんが、植物名が書かれていないのでスモモのソルダムだと判断して書かせていただきます。

スモモは果樹なので、果樹としての栽培・管理が出来ていないと実が正常に育ちませんが果樹栽培の作業内容を充分ご理解の上、適した時期に正しい手順を踏んだ作業を行っていますか?

実が付くという事は樹齢的にもう成熟しているものと思います。枝を適度に剪定したり、花が受粉し実が出来てきた時に適正な数の実だけに間引いたり(摘実)は行っていますか?

果樹は本来の性質を人によって無理に変えられた樹木なので、人による一年間決まった作業が必要な木で、それをきちんと守り適正な部位・量の枝の剪定や花が咲いた後は木の樹齢に見合った数だけ実を残し結構多くの実は小さいうちに摘み取ってしまう必要があります。

私の親戚の農家の家と、持っていた山に以前それぞれスモモの木がありました。家の傍に植えた果樹の中のスモモの木は毎年きちんと剪定されているので樹齢の割に木は高くなく実も適正な数を残していたので大きい甘い実が成りました。ただ親戚は野菜農家で果樹の消毒までは行わなかったので熟していても気を付けないと熟した実の中に虫の幼虫が居るんで、子供の頃の私たちは木から実をもいで食べる時に時々中に入っている幼虫には気を付けながら食べたものです。
質問者様の木の実が落ちる原因は虫が入るから落ちるのではなく、おそらく実が多く付きすぎたままで木自体がこんなに多くは実を大きく出来ないと判断し落としている(生理落果)のではないかと感じますが・・・。摘実せずにいて生理落下させてしまうとほとんど落ちてしまい残らない事もあります。花の受粉後実が膨らみ始めたら適した時期に好さそうな実を残し他は摘みます。果樹の場合、種類や品種・農家の栽培方法によっては実が育っていく段階で摘実を何度か繰り返します。

親戚が昭和の30年頃に山の土地を手に入れ開墾する時その地に家を建て住み込み、その時スモモの苗木を植えたのだそうです。山の畑に手伝いに行った時、物凄く大きく枝張りが良いひときわ目立った木があり、聞いてみたところそれが今では手入れしていないスモモの木とのこと。植えられたのは家にあるスモモとほぼ同じ頃でどちらも植えて当時30年くらい経ったもの。なのに家のスモモの木の3倍くらいも高さのある木で花が咲けば見事だけど枝の剪定も実の間引きも今はしてないので実が成ってもほとんどが小さいうちに落ちてしまい、もし残った実が大きく成っても家のスモモほど良い実は成らなず野鳥のエサになってると聞きました。

もし果樹としてのスモモの年間管理を充分には覚えておられないのなら書籍を読んで覚えて適切な作業を行ってみて下さい。インターネットでの情報よりも分かり易く剪定の部位の図解なども載っていて、その通り行えば間違いありません。
枝の剪定や摘実して数を減らすのはどんな果樹でも大抵行う作業で、これを適切に行えるようになれば残した実は立派に育ってくれるはずです。

実に着く虫の方はオルトランが効く種類とちゃんと確認したうえで行っているのでしょうか?もし虫の種類が分からないまま使用しているなら虫に効かない事もありますし、その使用量・頻度が多すぎると果樹自体に良くなくて実の方へも影響しますが・・・。
スモモの木なら、スモモの実に付きやすい虫の(幼虫の)種類を調べ特定し、その種類の虫に効き目がありスモモにも散布できる薬剤を選んで購入し適した時期に適した量をお使いになって下さい。

または、栽培している場所の土に混ぜたり根元周囲にある程度の厚さ敷いておくとほぼ害虫全般に効くニームケーキを害虫が産卵する時期より少し早くに使うのも有効と思います。
ニームケーキはインドセンダンと言う木から作った資材で農薬ではありませんが、その成分が根から植物全体に行き渡り、害虫が食べて体内に入れば拒食症状に陥らせる事で駆虫出来ます。
この成分は人など哺乳類には無害で、その木の原産地では民間療法薬や健康茶として日常的に飲まれています。ニームケーキやそれが混ぜられ販売されている土は植物に一度使うと数か月は効果が持続します。

ニームオイルと言うエキスの製品もありますが、原液が少量で高価な商品も多く、使うたびに水で希釈し数日おきに何度も散布するのを長期間続ける必要がある為に樹木に使うにはむきません。


投稿時間:2020/02/24(Mon) 00:38
投稿者名:ふら
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re: ガジュマル
何よりも日光が必要です。

沖縄などを除き、冬は室内で育てるほかはありませんが、春〜秋は屋外の日当たりのよい場所に置きましょう。
ただし、室内からいきなり日当たりに出すと葉焼けを起こすので、はじめは屋外の半日陰に置き、十分に日数を掛けて少しずつ日光に慣らして行きます。

「栄養剤」というのは、具体的にどんな成分が入っているものでしょうか。
窒素・リン酸・カリウムが入っていない、活力剤のようなものだけでは幹はなかなか太りません。
春〜秋に元気に生育している時に、上記の成分が入った「肥料」を与えましょう。

なおガジュマルの場合、茎を伸ばさずに幹を太らせようとしてもなかなかうまく行きません。
ニンジンガジュマルという、基部が肥大したものもありますが、あれは幹ではなく根が肥大したものです。

幹を太らせようと思ったら、どうしても幹を十分に上に伸ばす必要があります。
十分に育ったら、ちょうどいい大きさに切り詰めて樹形を作ります。

投稿時間:2020/02/23(Sun) 11:17
投稿者名:ちび姫
Eメール(※メールアドレス不要):chibisumi105@yahoo.co.jp
URL :
タイトル:ガジュマル
こんにちは。
我が家のガジュマルは、お風呂場で育てています。
とても元気に育っているのですが、伸びてくる枝も細いまま。
栄養剤はあげているのですが枝が細くて葉が大きく育ちバランスが悪くて…どうしたら枝も太く育ちますか?

投稿時間:2020/02/23(Sun) 02:29
投稿者名:ブルームーン
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:ソルダムの育て方
ソルダムは育てるのが難しいと知らずに苗を買って育てています。
花は沢山咲きますし実も小指の頭くらいまでにはなるのですが。全ての実の中に虫が入り落ちてしまいます。
オルトランとかは撒いているのですが毎年実に虫が入り大きくなってくれません。

どのようにしたらソルダムは上手く育てられるのでしょうか?

どなたか育ててる方がいらっしゃいましたらご教示宜しくお願い致します。

投稿時間:2020/02/14(Fri) 20:59
投稿者名:まお
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re^2: サンスベリア
返信ありがとうございます。
寝る前と朝の窓際の室温を測ってみたところ17度でした。昼間は20〜25度くらいだと思われます。ヒーターは壁にくっついているので、サンスベリアだけ窓際から避難させました。3日ほど経ちましたが、見た目は変わらないように思います。悪くなってはいないと思うので、水は控えめにし、このまま様子を見たいと思います。
丁寧にお教えいただきありがとうございました。

投稿時間:2020/02/12(Wed) 11:59
投稿者名:ふら
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re: サンスベリア
サンセベリアの場合、ネット上では冬になると完全断水(水を一滴も与えない)ことを勧める人が多いようですが、やはり最低気温を見極める必要があります。
(ネット上では極端な意見を書く人も多いものです)
最低気温は非常に重要な要素です。
最低気温が記録できる温度計がない場合は、置き場所の朝の気温を測ってみてください。

最低気温が10℃だとするとやや微妙です。
それよりも低くなる可能性がある場合は、完全に水を切ってしまった方が安全かもしれません。
断水によってしわがよっても、気温が上がれば回復することが多いものです。
ただし昼間の気温が上がりすぎる環境だと、衰弱してしまう可能性もあります。

最低気温15℃くらいを保てる場合は、控えめに水を与えた方がいいでしょう。

また窓際はどうしても夜間に冷え込むので、可能ならヒーターごと部屋の中央部に移動しましょう。

投稿時間:2020/02/11(Tue) 11:09
投稿者名:まお
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:サンスベリア
縦に長いサンスベリアとサンスベリアハニーを育てています。
北海道ですが、1日中暖かい状態にしているので、カーテン越しの窓際に2つ並べています。その下にはパネルヒーターがあり、常に稼働しています。夜の窓際は日中よりは寒くなりますが、それでも10度はあるのではないかと思います。
水やりは、土が乾燥して、鉢の内側と土に隙間ができるくらいになったらあげていました。
縦に長いサンスベリアは私が見る限るでは特に問題なく、去年の12月ごろから小さい葉が生えてきて今は他の大きい葉に追いつくくらい伸びていて、今も新たに小さい葉が2枚生えてきてます。
今困っているのが、サンスベリアハニーの方で、たしか12〜1月ごろから葉に縦じわが入ってきたので、水不足かと思い、水をあげて、葉水をしました。その後、縦じわはなんとなく若干ましになったかもしれないくらいで、あまり変わらずでした。乾燥ぎみするのが基本と思って、その後どのタイミングで水をあげたらいいのかわからず、たまに葉水をしたり、水をあげていますが、前より縦じわがひどくなっています。葉は柔らかくなってきてきると思います。葉の先は内側に丸まっている葉もあれば、外側に丸まっている葉もあります。色は変わってないように思います。
今サンセベリアハニーはどんな状態で、どう対処すればよいのでしょうか?
こちらに写真を貼れるのかわからず文章のみで質問させていただきました。
よろしくお願い致します。



- Web Forum -