[リストへもどる]
新着記事(15件)

新着記事15件を表示しました。

投稿時間:2021/07/25(Sun) 17:39
投稿者名:えり
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re^2: シェフレラの茎が黒くなり始めてる
ご回答いただきありがとうございます。

水不足だったのですね。
新芽が出るのに成長しない理由がわかりました。酷なことをしてしまいました。

先ほど茎の根に近い部分を確認したらまだ茶色の中に緑の部分が残ってました。
挿し木も検討にいれて植え替えの準備を使用を思います。

お返事いただきありがとうございました。
また何かありましたらよろしくお願いいたます。


投稿時間:2021/07/25(Sun) 13:13
投稿者名:ふら
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re: シェフレラの茎が黒くなり始めてる
ハイドロカルチャーは、容器の底に常に一定量の水を貯めて栽培する方法です。
http://www.kankyo-ryokka.com/205/

昔のきちんとした資料にはそのことが書かれていました。
しかし、ネット上ではいつの間にか「水がなくなってから2〜3日後に与える」という情報が増えてしまったようです。

> 水やりは中の水がなくなってから2日ほどたってから1/4ほど入れてます。

この時期にそんなに乾かしてしまっては、すぐに枯れ始めると思います。
特に植え替え直後は絶対に乾かすべきではありません。
(そもそも梅雨明け後の一番暑い時期の植え替えは危険が伴います)

> ガラスの入れ物で見えていた根がが茶色くなったので

慢性的な水不足で根が枯れた状態だと思います。
根詰まりなら、根が容器全体にぎっしりと張っている状態になります。

> 植え替4日後ハイドロカルチャーに植わってる部分を見たら茶色くなってしまってました。

シェフレラは本来、とても丈夫な植物で、ある程度の水切れにも耐えます。
しかし、丈夫な植物だけに、水切れの症状も表に出にくいものです。
そして症状が見えるようになった時には、回復させると事がなかなか難しいということになります。
残念ですが、現在の状態からの回復は難しいのではないかというのが正直な感想です。

それでも駄目元で試してみたいという時は・・・赤玉土で植え替えるか、ご自身で書いている通り挿し木を検討してみてください。
どちらにするかは、茎の状態をよく観察して決めましょう。

> ハイドロカルチャーに植わってる部分を見たら茶色くなってしまってました。

その部分が完全に枯れているようなら挿し木を行います。
その際、水挿しは避けた方が無難です。
シェフレラのような木本植物の場合、水挿しではカルスが異常増殖するばかりで、うまく発根できないことがあります。
きちんと赤玉土に挿しましょう。
茎が枯れていない場合は、ハイドロカルチャーではなく、赤玉土(小粒)に植えてみてください。

挿し木・植え替えのいずれも十分に水を与え、以降は用土の表面がほんの少しでも乾き始めたらすぐに水を与えます。

投稿時間:2021/07/25(Sun) 09:13
投稿者名:えり
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:シェフレラの茎が黒くなり始めてる
こんにちは。
過去ログ参考にしましたが、検索結果にたどり着かなかったので、投稿します。

今年1月に購入しましたシェフレラについてです。
最初からハイドロカルチャー栽培で高さは15センチほどの小さなものです。
7月に入ってから葉と茎が垂れてしまいました。
ガラスの入れ物で見えていた根がが茶色くなったので根詰まりかと思い、植え替えを行いました。
結果、根っこはほぼ伸びてなく、外側に見えてた根や茶色くなった根は洗ってるときにとれてしまいました。
その後、再度ハイドロカルチャーに植えなおしました。
根の近くの葉や新芽で出てたところが葉と茎が垂れさがり、色が黄緑より薄くなってたので切りました。
少し元気のある緑の葉は残してありますが、茎が下がるのを防止するように挿し木(つまようじ2本で葉の近くの茎を支えてます)してます。

植え替4日後ハイドロカルチャーに植わってる部分を見たら茶色くなってしまってました。
上部はまだ緑色です。
これは根腐れが始まってしまったのでしょうか?

水やりは中の水がなくなってから2日ほどたってから1/4ほど入れてます。
根っこがあるのが上部の1/3程度です。
植え替え前はカーテン越しに光が入る東南側でしたが、あまり風通しがよくなく、植え替え後は南側の窓の近く日陰で風がよく通るところにおいてます。
クーラーはかけてない部屋です。夏は35度を超える日もあります。
葉水は7月に入ってから朝早くと夜に行ってます。

茎の黒い部分を切って水差しで根を作るべきでしょうか?
どうしても枯らしたくないので、アドバイスをお願いします。

投稿時間:2021/06/30(Wed) 15:57
投稿者名:あるある
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re^6: コバエ対策
ふら様

多肉植物を育てているため、小粒の赤玉はたくさんあります。
すぐに試してみます。

ありがとうございます。

投稿時間:2021/06/30(Wed) 12:13
投稿者名:ふら
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re^5: コバエ対策
あまり効果がない可能性もありますが、用土の表面だけに、何も混ぜていない赤玉土(小粒)を敷くという手もありますよ。
コバエは赤玉土の隙間から、腐葉土のある層に出入りすることもあるので、厚めに敷くとよいでしょう。

投稿時間:2021/06/30(Wed) 09:19
投稿者名:あるある
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re^4: コバエ対策
ふら様

ご丁寧なご説明ありがとうございます。
大変参考になりました。

確かに赤玉に植え替えるにしても、そのタイミング、気になっておりました。
今の土に植え替えて1〜2ヶ月、ようやく新葉の展開が始まっている今、
また植え替えて大丈夫かなと。。。

アドバイス頂いたとおり、コバエに耐えながら今年はこのまま様子を見ようと思います。

イチジク、体調を崩している母の大好物なのです。
自宅で収穫して食べさせてあげられればと、挿し枝をお譲りいただきました。
秋に収穫までたどりつけるか、不安ですが頑張ってみます。

この度はありがとうございました。
またこの先、何かありましたら、相談させてください。

よろしくお願いいたします。

投稿時間:2021/06/29(Tue) 14:28
投稿者名:観葉植物初心者
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re^2: ピレアディプレッサの根元が茶色い
細かく教えていただきありがとうございます。
酷なことをしてしまいました...全て枯らしてしまう前にたっぷりと水をあげたいと思います。
また、根元のみ茶色くなってしまった茎は元気なところだけ切って水挿ししています。
様子を見てまたご報告させていただきます!その際はまたご教授願います。よろしくお願いいたします。

投稿時間:2021/06/29(Tue) 10:21
投稿者名:ふら
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re^3: コバエ対策
赤玉土:腐葉土=7:3なら標準的な配合ですね。
コバエさえ気にならなければそれで問題なく、もちろんイチジクには悪影響はないでしょう。
コバエが発生するのはおそらくはじめのうちだけで、分解が進めば少なくなってくると思います。
気になるでしょうが、もう少しだけがまんして待ってみるというのもひとつの方法ですよ。

以下、赤玉土だけで育てる場合の留意点です。

腐葉土を配合する目的は、主に用土を物理的に改良するためだと思います。
通気性・保水性・保肥性を向上するためですね。
また腐葉土を用いると根張りもよくなります。
しかし赤玉土単用でも、多少工夫すれば大きな問題は生じません。

単体で用いる赤玉土は硬質のもの、多少高価ですができれば「二本線」ブランドなどのものを使用するとよいでしょう。
つぶれにくくてミジンが少ないので、通気性に関しては問題はありません。

腐葉土を配合する場合よりも、保水性は劣るようです。
このために、よりこまめな水やりが必要になります。
用土の表面が少しでも乾いたら水を与えるようにします。
このように多少の慣れが必要なので、その点はご注意ください。

腐葉土はわずかな肥料成分を含みますが、用土に配合する目的は、それよりも別途与えた肥料を長く保って植物に供給するためです
赤玉土はリン酸分を吸着してして離さないので、赤玉土単用だと植物がリン酸不足になる可能性はあります。

ただし、あるあるさんが使っているような土に混ぜ込む肥料であれば、リン酸不足はおおよそ回避できると思います。
つまり用土に混ぜ込む肥料であれば、根から直接吸収されるので、赤玉土に横取りされる危険性は少ないわけですね。

さらに追肥で液体肥料を与えれば、リン酸を補給することが可能です。
*液体肥料は、リン酸の比率が高くなるように設計されている製品が多いと思います。
なお当然ですが、植え替えは適期(休眠期)に行います。

投稿時間:2021/06/29(Tue) 02:05
投稿者名:あるある
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re^2: コバエ対策
ふら様

アドバイス、ありがとうございます。

土の配合は事前に検索をかけたところ、赤玉7に対して腐葉土3程度と書いてあったので、大きめの軽石を敷き詰めた上に、赤玉7より若干多めで植え込みました。
ですが・・・コバエぶんぶんです。笑笑

使用した腐葉土はどこでも売っている花野菜用の有機腐葉土です。
肥料も必要と書いてあったので、住友化学園芸 肥料 マイガーデンベジフル 固形タイプを若干混ぜ込みました。

イチジク栽培の用土が赤玉土だけでも大丈夫だとは夢にも思いませんでした!
参考までに全赤玉土の場合肥料は何をどのくらいあげればいちじくが収穫できるまでの大きさに育てられますか?
今は直径18cm程度の深めのプラスチック鉢に植えています。

今でもそこそここまめに水やりはしているので、コバエがいなくなるなら、全赤玉土に植え替えたいです。

ところで、コバエの発生は苗自体には影響があるのでしょうか?

投稿時間:2021/06/28(Mon) 23:56
投稿者名:ふら
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re: ピレアディプレッサの根元が茶色い
> 水やりは週1回土の表面が濡れる程度に。葉水は霧吹きで2日に1回はしてます。

水の量があまりにも少なすぎますよ。
水は用土の表面が乾いた時に、鉢の底から勢いよく流れ出すくらい十分に与えます。
表土が濡れる程度の水やりでは、普通の植物は枯れてしまいます。
葉水は特に必要ありません。

> たっぷり水をあげると暫く数日湿っているように感じます。

用土の質が不明なので確実なことは言えませんが、それが普通で、おそらくその状態で問題ないと思います。
用土自体に保水性があり、数日間湿度を保つのは正常です。

> 一部の根元が茶色くなって葉っぱや茎もヨレヨレになってきています。

茶色くなった茎は、水不足で枯れてしまったものでしょう。
その茎は回復させるのは難しいと思います。
取りあえず十分に水を与え、ほかの茎が正常に育つかどうか観察してみてください。
その結果を教えてもらえますか?

ご質問の@Aに関しては上に書いた通りです。
Bに関しては日照量・日照時間が足りていれば室内でも栽培可能ですが、夏の間は屋外の明るい日陰で栽培するのが理想です。

投稿時間:2021/06/28(Mon) 22:04
投稿者名:観葉植物初心者
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:ピレアディプレッサの根元が茶色い
先月に植え替えをしてからピレアディプレッサの元気がないです。
少し回復傾向にあり新しい葉は出ているのですが、一部の根元が茶色くなって葉っぱや茎もヨレヨレになってきています。他の茎はまだ元気です。

場所は西側の窓の横にハンギングしてあり、直射日光は少ないと思います。
水やりは週1回土の表面が濡れる程度に。葉水は霧吹きで2日に1回はしてます。
深めの陶器の鉢、安い観葉植物の土に植え替え(土の下は軽石を敷いています)したため、水はけがもしかしたら悪いかもしれません。たっぷり水をあげると暫く数日湿っているように感じます。
窓はなるべく毎日開けて風通しを良くしています。
茶色い茎の根っこを見てみると黒くなったりはしてないように感じます。
@水が足りないのでしょうか?根腐れでしょうか?土が悪いのでしょうか?
A植え替えしたばかりですが、土を変えた方がいい場合はまた植え替えをしても大丈夫でしょうか?
Bずっと室内にあるので、たまに外に出すなどした方がいいのでしょうか?

名前通り初心者で、水をあげすぎなのか、あげなすぎなのかも分からず、検索しても茎の根元が茶色いことが書いておらず、思い切って質問を投稿します。
よろしくお願いいたします。

投稿時間:2021/06/27(Sun) 20:12
投稿者名:初心者です
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re^4: ベンガレンシスの植え替え
ふら様

ご回答ありがとうございました!

注意深く見守りたいと思います。

また何かありましたらよろしくお願いします。

投稿時間:2021/06/27(Sun) 19:06
投稿者名:ふら
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re^3: ベンガレンシスの植え替え
普段通り、用土の表面が乾き始めたのを確認してから水やりを行ってください。
*ただし、「用土の表面が乾き始めた」状態の判断は人によって異なるので、言葉で説明するのはなかなか難しいですね。
多肉植物ではないのに、なぜか植え替え直後に乾かし気味に管理してしまい、ダメージを与えてしまうというケースがたまにあるようなので、念のために書かせていただいた次第です。

投稿時間:2021/06/27(Sun) 15:26
投稿者名:初心者です
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re^2: ベンガレンシスの植え替え
ふら様

的確なご説明ありがとうございます!

度々質問になってしまい申し訳ないのですが、水やりは土が乾かなくても2・3日おきぐらいにあげた方がいいのでしょうか?

よろしくお願いします。

投稿時間:2021/06/27(Sun) 12:03
投稿者名:ふら
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re: ベンガレンシスの植え替え
用土をすべて落としたとのことで、現在は水を吸収できる根がほとんどない状態と推測されます。
*古い細根が残っていても、用土を落とすと植え替え時にその根が枯れてしまうことが多いものです。
新しい根が出てくるまでは、ほとんど水を吸収できないと考えた方がよいでしょう。

> 葉がみるみる黄色くなってきたので、植え替え後4日ぶりに水をたっぷり与える
植え替え直後は特に、用土を極端に乾かさないように注意してください。

根から水を吸収できないので、植物は古い葉を落として蒸散を抑えようとします。
下の方の葉が枯れるのは防御反応なので、あまり気にしなくてもいいでしょう。
先端近くの新しい葉が枯れるのであれば、ダメージが大きい証拠なのでご注意ください。

黄色くなった葉はやがて枯れ落ちますが、それはそのままでも切ってしまっても、どちらでも構いません。
新しい葉が枯れるようなら、下の方の(変色していない)葉を少し切って人為的に蒸散を抑えるようにしてください。
北海道以外の地域にお住まいなら、梅雨のさなかなので回復しやすい時期です。
おそらく2週間ほどで新根が伸び始め、葉の枯れも止まると思います。



- Web Forum -