[記事リスト] [メッセージを投稿] [新着記事一括] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

投稿時間:2019/07/25(Thu) 22:46
投稿者名:ふら
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re: 大き過ぎる鉢のウンベラータ

粒状培養土100パーセントの用土を用いているわけですよね。
「なかなか土が乾きません」というのは、具体的にどんな状況でしょうか。

メーカーが分からないので何とも言えませんが、良質のものなら粒自体には保水性があり、反対にその隙間の水はすばやく排水するはずです。
なかなか乾かないというのが、粒自体が含んでいる水分のことなら普通は問題はないと思います。
根の呼吸を妨げず、保水性の高いすぐれた用土ということになります。

冬に用土を乾燥ぎみにするのは、必要な最低温度に近い温度になる場合です。
そのような環境でしょうか。
その場合、水やりの間隔を空けることで調節しますが、良質の粒状培養土なら問題が生じるとは考えにくいでしょう。

そうではなくて粒同士の隙間の水が抜けにくく、水が停滞するようならこれは問題のある商品と言えるでしょう。
この場合は季節にかかわらず、根の傷みの原因になります。


以下は関連一覧ツリーです。

このメッセージに返信する場合は下記フォームから投稿して下さい。

おなまえ
Eメール(※メールアドレス不要)
題  名
メッセージ    手動改行 強制改行 図表モード
URL
削除キー (記事削除時に使用。英数字で8文字以内)

以下のフォームから自分の投稿した記事を削除できます
■記事No ■削除キー



- Web Forum -