[記事リスト] [メッセージを投稿] [新着記事一括] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

投稿時間:2018/11/06(Tue) 12:46
投稿者名:ふら
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re: 用土の質問です!

市販の赤玉土は無菌状態ではありませんが、単用では有機物をほとんど含まないため、土壌微生物が比較的増えにくい用土であることは間違いないと思います。
私は水耕栽培と同じ感覚で使っています。
ただしご存じのように、リン酸不足には注意する必要がありますね。

1に関して私の場合、鹿沼土はほぼ、特に酸性を好む植物だけに使用しています。

2に関してはアーバスキュラー菌根菌のような、植物共生菌の効果でしょうか。
一般に、入手した苗はすでに共生菌に感染している可能性が高いのではないかと思います。
それを赤玉土単用の用土に植え替えた場合、共生菌は活動するのではないでしょうか。
アーバスキュラー菌に感染させた植物を、赤玉土と真砂土だけの用土に植えた場合、感染していない植物よりも生育が良好だったという報告があります。
腐葉土などを含まない用土でも、アーバスキュラー菌根菌は活動しているという証拠でしょう。
赤玉土+肥料だけでもよく育つと私が考える理由はここにあります。
ただし、赤玉土に挿し木をして作った苗のような場合、感染していない可能性もありますね。

そのほか腐葉土などは、植物の根張りがよくなるという効果もあります。
理論的には、また実際に厳密に比べてみると、「赤玉土+腐葉土+肥料」の方が「赤玉土+肥料」よりも生育は良好だろうと思います。
しかし実際の経験では、植物の種類によっては「赤玉土+肥料」でもよく育つので私は多くの植物をこの用土で栽培しています。


以下は関連一覧ツリーです。

このメッセージに返信する場合は下記フォームから投稿して下さい。

おなまえ
Eメール(※メールアドレス不要)
題  名
メッセージ    手動改行 強制改行 図表モード
URL
削除キー (記事削除時に使用。英数字で8文字以内)

以下のフォームから自分の投稿した記事を削除できます
■記事No ■削除キー



- Web Forum -