[リストへもどる]
一 括 購 読

投稿時間:2018/09/23(Sun) 10:26
投稿者名:イエロー
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:柊どうなってしまったのでしょうか?
お世話になります。台風21号の影響か2週間ほどしてずっと元気だった柊がはっぱが沢山ばらばらと落ちました。害虫がついてるわけでもなく地植えですので土壌は湿っています、肥料も時々化成肥料を与えています。家を建てた際 鬼門に植えてかれこれ40年です。このまま枯れてしまうのでしょうか?今年の夏は猛暑だったのも影響しているのでしょうか?アドバイスよろしくお願いします。

投稿時間:2018/09/26(Wed) 17:19
投稿者名:群馬の山さん
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re: 柊どうなってしまったのでしょうか?
 原因として考えられるのは根が傷んだことで、おそらく全部の根が枯れかけていると思うので回復は難しいと思います。

 根の枯れた原因ですが、土の滞水によって根が窒息して枯れてしまったのかも知れません、徐々に枯れてきても9月は雨が多くてしおれることもなかったのですが急に晴れてしおれてきたのかも知れません

 それと肥料をやったと云うことですが、根元近くにまとめてやってしまうと肥料の濃いところが根に当たると枯れてしまう場合もあります。肥料をやる場合は枝先と同じくらいの場所を円形に浅く掘って薄く撒いたやるのがいいです。

 もうひとつ考えられるのが根の病気で、モンパ病というのがあり、根にカビが付いて枯らしてしまうので、これが根の一部に発生して何年もかかって徐々に広がり、生きている限界になっていたのが台風が過ぎて急に晴れたので葉が落ちてしまったのかも知れません、モンパ病についてはネット検索してもらえばどんな病気か分ると思います。

 それで対策ですがまずは根元の土を根を傷めないように掘ってみてモンパ病ならカビが見えて根が腐っています。ひどい場合は幹の地上までカビが這い上がってくるので、こうなったらもう処分するしかありません、そしてこの土の中には病菌がたくさん残っているのでまた木を植えてもすぐに腐ってしまいます。

 また根が滞水などして枯れてしまったのなら地上部を思い切って切り詰めて葉の数を10分の1以下くらいにして様子を見て、いくらかでも葉が残っていれば回復する希望がわずかにあります。さらに少し離れたところに溝を掘って水はけを良くしてやるといいかと思います

投稿時間:2018/10/06(Sat) 18:18
投稿者名:イエロー
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re^2: 柊どうなってしまったのでしょうか?
レスありがとうございました、紋羽病ですか・・・調べてみました。土壌が菌でやられてしまう病気なのですね。心配ですが造園屋さんへ一度相談してみようと思います。下のほうは若い葉が茂っていますが、上はだんだんと元気がなくなっていくように思います。40年間元気でしたがその間にも紋羽病にかかっていたのかもですね。また変化ありましら報告させていただきます。ありがとうございました。

投稿時間:2018/10/12(Fri) 19:09
投稿者名:群馬の山さん
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re^3: 柊どうなってしまったのでしょうか?
下のほうは若い葉が茂っていますが、上はだんだんと元気がなくなっていくように思います。

 下の方が元気なら幹の途中に何か障害が出ているのでは、虫食いなどや針金で縛ってあるなどはないか良く見て下さい。もし途中からであればうまく処理出来れば枝が生き残りますし、その場所から上を切ってしまってもまた枝が出て大きくなります。あるいは障害箇所が少ししかつながっていない場合は上の枝を障害に応じた量で切り詰めて下さい。



- Web Forum -