[リストへもどる]
新着記事(15件)

新着記事15件を表示しました。

投稿時間:2019/07/18(Thu) 20:22
投稿者名:Jaz
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:ベンガレンシスの株が伸びず
ベンガレンシスの株を購入し植替えして、2、3ヶ月経っていますが、新芽が出たものの株丈が伸びずいつの間にか根詰まりに。何か根ばかり伸びてしまったような感じですが、植替えをするには株が小さい気がするのですが、やはり鉢を1つ上げるべきでしょうか、?現在6号鉢で株丈は20センチくらいです。

投稿時間:2019/07/18(Thu) 15:04
投稿者名:なぁ
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re^4: スパティフィラムの剪定と土替えについて
詳しく教えていただき感謝いたします!
ありがとうございました!

投稿時間:2019/07/18(Thu) 14:41
投稿者名:ふら
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re^3: No Title
胡蝶蘭にはおそらく害はないと思いますが、ミズゴケに異常がなく、実際に根が傷んでいるとすると、そちらの方が問題かもしれませんね。
見えない部分で根が傷んでいる可能性もあるので、ご注意ください。

投稿時間:2019/07/18(Thu) 14:26
投稿者名:ふら
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re^3: スパティフィラムの剪定と土替えについて
> どういった肥料なのかわからないのですが、その教えてもらった肥料を観葉植物用の土(軽めのもの)と黒土を混ぜたものに加えました。

このあたりに問題があるかもしれませんね。
用土に混ぜて用いる肥料もありますが、根に直接触れないように用土の上に置いて用いる肥料もあります。
緩効性化成肥料ではないかと想像しますが、使用方法をよく確認してからお使いになった方がいいと思います。

黒土絶対にだめということはないのですが、やはり一般的な用土(赤玉土に3割程度の腐葉土などを混ぜたもの)の方が健康に育てやすいと思います。
市販の観葉植物の用土なら、赤玉土の割合の多い重めの用土を、黒土を混ぜないで用いるといいのではないでしょうか。

それから植え替えの際、同じ鉢を用いたとのことなので、やはり根詰まりの可能性もあると思います。
植え替えの際は鉢の大きさにもご注意ください。

上記の点は植え替えによって改善できますね。
植え替え後はできるかぎり涼しい場所に置くといいのではないかと思います。

投稿時間:2019/07/18(Thu) 09:35
投稿者名:つん
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re^2: No Title
お返事ありがとうございます!

水ゴケで、植え替えは5月の頭に行いました。
まだ取り替えたばかりなので、痛んでるようには見えないのですが、胡蝶蘭の根っこが少し痛んでる部分があるようです。

投稿時間:2019/07/18(Thu) 00:00
投稿者名:なぁ
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re^2: スパティフィラムの剪定と土替えについて
ご回答ありがとうございます。

> もう少し詳しく教えてください。
> 用土がどんな状態になった時に、どのように水やりを行っていますか?

基本的には2,3日に一回、お水はたっぷり、気温や湿度によって、例えば暑くてカラッとしてるときは毎日あげたりもします。ここ最近は雨ばかりで寒かったので毎日はあげていないです。

> また肥料はどのようなものを、どのような方法で与えていますか?

買うときにお店の方に聞いたものを買って全て使ってしまったので(その他の観葉植物に)どういった肥料なのかわからないのですが、その教えてもらった肥料を観葉植物用の土(軽めのもの)と黒土を混ぜたものに加えました。


> 「葉先の枯れ」とのことなので関係はないと思いますが、あまり強く拭くと、それが原因で葉を傷めることもあります。
> 特に汚れが付きやすい環境でなければ、霧吹きやシャワーなどで洗い流すくらいが無難でしょう。

そうなんですね、毎日やってるわけではなく一週間に一回程度で、家が掃除をしてても割とホコリがたまりやすいので軽く拭く感じです。
霧吹きは毎日しています。


> 葉の数が多いほど生育には有利です。
> できれば切らずに残してください。

わかりました!


> 梅雨の間ならまず問題ありませんが、たとえば関東では間もなく梅雨が明けそうです。
> 梅雨明けに猛暑が訪れると、用土を大きく変えるような植え替えを行った株はダメージを受ける可能性がないではありません。
> お住まいの地域、ご自身の栽培経験の多寡によってご判断ください。

そうなんですね、都内在住なのでギリギリといったところでしょうか。今週末までにはやろうと思います!

投稿時間:2019/07/17(Wed) 22:08
投稿者名:ふら
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re: No Title
キノコバエの種類によっては、生きている植物も食害することもあります。
しかしこの場合はおそらく、ミズゴケなど死んだ植物体を食べているのではないでしょうか。
その場合は直接的な被害を受ける可能性は少ないように思われます。
ミズゴケ植えでしょうか?
植え替えはいつごろ行いましたか?
ミズゴケが部分的に傷んではいませんか?

投稿時間:2019/07/17(Wed) 22:04
投稿者名:ふら
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re: スパティフィラムの剪定と土替えについて
> 水やりもちゃんとし

もう少し詳しく教えてください。
用土がどんな状態になった時に、どのように水やりを行っていますか?

また肥料はどのようなものを、どのような方法で与えていますか?

> 葉の表面も拭いたり

「葉先の枯れ」とのことなので関係はないと思いますが、あまり強く拭くと、それが原因で葉を傷めることもあります。
特に汚れが付きやすい環境でなければ、霧吹きやシャワーなどで洗い流すくらいが無難でしょう。

> 根本付近に小さい葉っぱが沢山生えています。最初は様子を見ていましたが特にそれ以上大きくなる気配がありません。このような葉は切っても構わないでしょうか。

葉の数が多いほど生育には有利です。
できれば切らずに残してください。

> その際、根っこの周りの土を水などで綺麗に落としてしまってもいいものでしょうか?その際の注意点などもお伺いしたいです。

梅雨の間ならまず問題ありませんが、たとえば関東では間もなく梅雨が明けそうです。
梅雨明けに猛暑が訪れると、用土を大きく変えるような植え替えを行った株はダメージを受ける可能性がないではありません。
お住まいの地域、ご自身の栽培経験の多寡によってご判断ください。

投稿時間:2019/07/17(Wed) 19:50
投稿者名:ベランダコマチ
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:ゼラニウムの花茎が折れる
ゼラニウムの花がほぼ満開になると茎の途中で折れてしまいます。葉は良い色で元気だし花もよく咲いています。萎れている風でもないし、虫も見つかりません。どうして花を付けたまま折れてしまうのでしょうか?
宜しくお願い致します。

投稿時間:2019/07/17(Wed) 13:01
投稿者名:なぁ
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:スパティフィラムの剪定と土替えについて
色々過去の質問回答を拝見したのですが解決しないので、よろしくお願い致します。

5月にスパティフィラムメリーを購入しました。
レースカーテン越しに光を当て、水やりもちゃんとし、葉の表面も拭いたりとこまめにケアしていますが、最近いくつか問題が出てきましたのでご教授お願い致します。

@買った当初より生えてくる葉が大きくなり満足していたのですが、ある程度時間が過ぎると葉先だけ色が変わってしまいます。葉焼けには気を付けていますので、他に考えられる原因は根詰まりなどでしょうか?

A買ってきたときに咲いていた花の後にもう一度花を咲かしたのですが、それ以降咲かなくなりました。葉っぱはわんさか生えてきます。何故でしょうか。

B根本付近に小さい葉っぱが沢山生えています。最初は様子を見ていましたが特にそれ以上大きくなる気配がありません。このような葉は切っても構わないでしょうか。

C梅雨の時期で湿気が多いからか、土の表面に沢山の小さな白い虫が発生しています。そろそろ鉢替えもしたいこともあり、土を完全に新しいものに替えてしまいたいのですが、その際、根っこの周りの土を水などで綺麗に落としてしまってもいいものでしょうか?その際の注意点などもお伺いしたいです。

以上の回答よろしくお願い致します。

ちなみに鉢に植わっているものを購入したのですが、一か月ほど前にその鉢の中に黒いポット(植物を購入する際に植えてあるビニールのやつです)のまま入っていることに気づき、土を足して同じ植木鉢に植えなおしました。
葉先の枯れはそれ以前からの問題で、そのあとも沢山葉が生えてきているので、これが原因ではなさそうですが…一応追記として。

投稿時間:2019/07/15(Mon) 22:40
投稿者名:ふら
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re^3: 赤玉土の配合
> 他に元肥を混ぜなくても大丈夫なのですか?

私は用土には元肥を混ぜないで、植え替え3週間後くらいに、用土の上に置くタイプの緩効性化成肥料を与えています。
その後は必要に応じて液肥・緩効性化成肥料などで追肥を行っています。
もちろん、用土に混ぜるタイプの緩効性化成肥料を、あらかじめ施しておいても問題ありません。
好みや入手しやすさに応じてお選びください。

> どれくらいの乾きの早さになるのか予想ができないのですが、たぶんなんとかなると思います。でも少し悩みます…

時間的な余裕があれば、実験してみることができます。
小さな鉢にでも用土を入れておき、何も植えないで水をかけて、どのように乾いて行くかを観察してみると、だいたいの感覚をつかむことができるでしょう。
ただし、あまり時間的な余裕はないかもしれません。
と言うのは、(お住まいの地域は分かりませんが)たとえば関東地方ではあと1週間くらいで梅雨明けを迎えそうです。
用土を全部取り換えるような植え替えの直後に、梅雨明けの気候はちょっと厳しいこともあるからです。

植え替えるならなるべく早く行い、新しい根が伸びるまではなるべく涼しい場所で過ごさせてください。
水切れにも十分にご注意ください。

投稿時間:2019/07/15(Mon) 20:42
投稿者名:ゆず
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re^2: 赤玉土の配合
こんばんは。ふらさん、いつもありがとうございます。

> 植え替え前にお伝えしておきたいのは、赤玉土主体の用土にすると、市販の「観葉植物の土」に比べて、乾きが非常に早くなるということです。

どれくらいの乾きの早さになるのか予想ができないのですが、たぶんなんとかなると思います。でも少し悩みます…

> それからすみません、前回書き忘れてしまったような気がしますが、赤玉土は小粒を用います。
> もしすでにほかの大きさの製品を購入なさってしまっていたらすみません。

大丈夫です。ありがとうございます。

> ブレンド比率ですが・・・ 絶対にこれでなくてはいけないという比率はありませんが、私なら赤玉土8:バーミキュライト2、または赤玉土7:バーミキュライト3くらいで混合します。

わかりました。それと、他に元肥を混ぜなくても大丈夫なのですか?

トビムシの件もありがとうございました。

それでは、よろしくお願いしますm(__)m

投稿時間:2019/07/15(Mon) 18:21
投稿者名:つん
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:No Title
過去ログから検索しましたが、該当植物と育てている環境が一致しているものがなかったため、こちらから失礼させていただきます。

現在、胡蝶蘭を室内で育てております。
新芽・新根も伸びており一見順調そうに育っております。

しかし、キノコバエが発生してしまいました…
アクテリック乳剤を使用しようか迷っておりますが、薬害が心配です。
胡蝶蘭に害のない退治方法はありますか?

また、キノコバエは胡蝶蘭に対してすぐに害をなすものでしょうか?
もし、ないのならしばらく様子見をしようとおもいます。

投稿時間:2019/07/15(Mon) 16:31
投稿者名:ふら
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re^2: モザイク病を助けるには
とても大切なゼラニウムだと拝察します。

個人の方であっても、ウイルスフリー化を請け負ってくれるところはあると思います。
ただし料金がどれくらいかかるかは見当も付きませんね。

↓ゼラニウムは対象品目にありませんが、問い合わせてみてはいかがでしょうか。
http://www.sanwa-verde.jp/contract/

↓特別な設備がなくても無菌培養を可能にするキットもあります。
http://www.vitroplantslab.com/

あとはたとえば洋ランの生産者さんや、生物学を学ぶ学生さんに頼んでみるとか・・・

> ダメ元で、株元まで切り込んでみたいと思います。

大きく切り戻されて樹勢が強くなると、病徴が見えにくくなり、一見回復したように見えることもあります。
その場合でもウイルスフリー化されたわけではないと思うので、ご注意ください。
ウイルスが侵入しにくいのは茎頂と根端のごくごくわずかな部分だけと思います。

投稿時間:2019/07/15(Mon) 13:01
投稿者名:ぴよ
Eメール(※メールアドレス不要):
URL :
タイトル:Re: モザイク病を助けるには
皆さまご回答ありがとうございました。遅くなり申し訳ございません。

組織培養というのは、一般人の依頼も受けてくれる会社ってあるのでしょうか?
もし頼めるような価格でしたら、一度お願いしてみたいものです。

また、挿し芽についても詳しいアドバイス頂戴し、ありがとうございました。ダメ元で、株元まで切り込んでみたいと思います。



- Web Forum -