ブルーミングスケープ - -
Top
- BSコミュニティ・植物管理Dictionary etc. -バスケットを見る
→ ご注文方法 - → ログイン
→ 法人様 お取引 → お問合せ窓口
www.bloom-s.co.jp
-

- 植物管理Dictionary
-
観葉植物のブルーミングスケープTOPへ
観葉植物の通販 販売なら
-
観葉植物 ブルーミングスケープ TOP植物管理Dictionary観葉植物Dictionaryガーデニング花・草花 管理Dictionary

 
-


ガーデニング&観葉植物 育て方などのご質問用 掲示板
品種名 写真 管理方法
ユリ

科名:ユリ科
球根

私の難易度?
★★

ユリ (カサブランカなど)

置く場所:明るい場所(全国栽培可)

温度:
越冬温度0℃位

花期:5〜6月頃

 


特徴:

ユリは、昔より大変、親しまれており、北半球全域に生息します。植えつけは9月〜12月にかけて行います。植えつけ間隔の目安としまして、球根径の2〜4倍程度を目安にして植え込みます。植え込む深さは、球根径の2〜4倍が目安です。鉢植えの場合は、水はけの良い土に植え、肥料を与えます。

堀り上げ:

時期としまして、10月〜12月頃に堀り上げますが、おおよそ3年に1回程度を目安とします。

温度:  越冬温度0℃位
肥料 3月〜4月頃に追肥を行います。
ふやし方 自然に2〜3球に分かれていきますので、自然分球にふやし方がやさしいです。


  カサブランカという名の純白のユリが登場して以来、
   ユリを育てたいという人が増えてきたようです。

   もともとは秋に売られている球根を、11月頃に植え込んでおき、
   翌年咲かせるのですが、今では伸び始めたばかりの苗が植わった
   鉢植えが春に出回っています。初心者であれば、これを入手して
   咲かせるのがお手軽ですよ♪

   球根は花が終ると、来年のための養分の貯蔵を始めます。
   この頃に肥料を与えておくと、球根は太り、来年も開花します。

   冬の間は休眠期で、地中には球根だけが残りますので、
   鉢植えのままにしておくか、11月頃に植え替え、地上にすると、
   翌年以降もよく育つようになります。


──────────────────────
◆日光によく当て、肥料を与えましょう♪
──────────────────────

   生育途中で入手してきた鉢植えは、室内に入れず、ベランダなどの
   戸外の日光が長く当たる場所に置きます。

   育つ時に日光不足にすると、花は満足に咲かなくなってしまいます。

   水は鉢土の表面が乾いたらすぐに与えます。肥料は1000倍に薄めた
   液体肥料を10日ごとに開花するまで与えましょう。

   入手した時に茎が少し伸びているものは、すぐに根元に化成肥料を
   少しまきます。こうすると、後々の生育がよくなり、
   花つきもよくなりますよ。

   また、花が満開になったときにも化成肥料を少しまき、
   花後は花首を切り取っておきます。

   球根は本来、背丈の3倍くらいの深さに植えつけると良く咲くので、
   初冬に植えつけるときは深めの鉢に移し替えましょう。


──────────────────────
◆初冬に植え替えるのは本格派!
──────────────────────

   スカシユリタイプ、ヤマユリタイプ、カノコユリタイプなど、
   ユリにはいろいろなタイプがありますが、いずれも冬の初めが
   植え替え時。

   春に入手して咲かせた鉢植えのユリは、11月に堀り上げ、別の鉢に
   植え替えると、以後もよく咲いてくれます。

   直径20cm、深さ30cmの深めの鉢があれば好都合♪

   この点、プランターは深くないので、ユリの栽培には不適です。

   鉢の底から3分の1ぐらいの位置に球根を置き、草花用の培養土で
   植えつけます。

   冬は戸外に置きっぱなしで、肥料も与えなくて構いませんが、
   水だけはしっかり与えてあげましょう。

   ユリは土がかさかさに乾くと、球根がしなびて良くないんです。


──────────────────────
◆草丈の低い花と組み合わせてみましょう♪
──────────────────────

   ユリの開花は初夏から夏。

   テッポウユリは早い方で、カノコユリやカサブランカは夏。

   いずれも背が高くなり、根元があいて寂しくなります。
   隙間を補うために、根元に草丈の低いフレンチマリーゴールド、
   サフィニアなどを植えてみましょう。

   キレイなばかりでなく、鉢土が日陰になるため、鉢土の温度が高く
   ならずに、球根が腐るのを防いでくれるんです。

   多くのユリは、葉に日光が良くあたり、元が草に覆われ、
   地温の上昇が防げるような所に生えています。
   このような環境をつくってあげると、翌年も元気な姿で
   ステキな花を見せてくれますよ。

   また、プラスチック鉢は地温が上がりにくいので、
   ユリの栽培には適しています。


   ☆彡 さぁ!さっそくユリを育ててみませんか!?



解 説 <私の難易度?>

難易度の基準:が多いほど、管理が難かしいです。
は、5個が最高です。(5個は、かなり難かしめで、上級者向け)
(例)   
★★★★: やや難しめ
★★★  : 普通
★★    : やや簡単

[ 観葉植物 ] [ 開店祝い・開業祝い ] [ 新築祝い・引越し祝い ] [ インテリア ] [ ハイドロカルチャー ]


-
-
Home|ページの最上部へ
-
copyright
-